生え際の髪を復活を真剣に考えるときに注意したいこと

服用している薬がある場合は医師に相談

前髪などの生え際が後退してきた…と一時になり始めると、とかくそこへ目がいきがち。
一生懸命生え際を隠そうとあの手この手を尽くしたくなりますが、あの手この手を尽くす前に生え際の後退の原因を知っておくことが大切です。

 

生え際の後退はAGAとよばれる、男性型脱毛症に多い症状です。
すでに研究が進んでいる症状なので、適切な対処方法もわかってきています。
頭髪を専門とした病院やクリニックにかかれば、症状を確認したうえで適切な対処方法の説明や処方薬を出してくれます。
さすがに医療が関わっているだけあってとても効果てきめん。

 

また使用する育毛剤によっては、現在服用中の薬との相性の問題があります。
お互いの薬の相性によってどちらか一方の効力がなくなってしまったり、逆に強くなりすぎたりしてしまう可能性も否めません。

育毛剤にも合う・合わないがあるので事前に相談

高血圧・低血圧との関係もありますから、薬を飲んでいる人は専門医にかかるほうがよいでしょう。

 

専門医に診てもらって出してもらう薬は、効果がある分やはり費用が高くなってしまう傾向があります。
そういった場合はドラッグストアなどで販売されている育毛剤に頼ることももちろん可能です。

 

ただこちらもやはり肌に合う・合わない、生え際の髪の毛の復活効果が出やすい・出にくいなどがありますから、購入前に常駐している薬剤師さんに尋ねたりネットなどで口コミを調べるようにしましょう。

生え際の復活のキーワードは「毛根周辺」

前髪のハゲを隠すと不自然な髪型に

髪の毛が薄くなってきた…と気付くのは頭頂部だけではありませんね。
むしろ前髪などの生え際のほうが目につきやすいので、自分自身も他人からも気付かれやすい部分といえます。
生え際、特に前髪が後退してくると生えている髪の毛をなんとか「前のほうに前のほうに」と引っ張ってきますから、その行為で髪の毛に負担を与えてしまったり、またとても不自然な前髪になってしまって、いかにも「前髪の後退を隠している」というヘアスタイルになってしまうこともよくある話ですよね。

 

髪の毛が生えるために必要なことのなかに「よい血行」があります。
よい血液のめぐりがないと、髪の毛に必要な栄養分を届けることができません。
そのために血行のよさは必要不可欠なのですが、生え際はもともと血行が期待できる部位ではないのです。
であればどうすればよいのでしょうか。

 

答えは「毛根周辺」にあります。
毛根周辺が丈夫であれば、そもそも抜けることがありません。
髪の毛が抜けた時の毛根を見てみると、特に問題のない人は毛根が膨らんでいるはずです。

育毛剤は毛根のケアをしてくれるものを選ぶ

しかし抜け毛が多い人は、その毛根のふくらみが小さくなっています。
これは毛根が弱まっている証拠
つまりこの部分のケアができる育毛剤が効果的な育毛の手助けをしてくれるというわけですね。

 

育毛剤を探すときは、このポイントに着目してください。
生え際の復活に一役買ってくれるはずですよ。